• 東京で幼稚園受験をする時の注意点

    受験勉強は、ほとんどの人が人生のいずれかのタイミングで経験することとなります。入りたい学校に入ることで、将来希望する職種に就けるかどうかも変わってくるため、塾に通ったり、残念ながら不合格だった場合は予備校に通いながら、翌年に向けて頑張るのです。
    高校や大学になる時だけでなく、さまざまな理由から、幼稚園、小学校、中学校に上がる時に近所の公立の学校ではなく、私立や国立の学校を目指したいと考える人も東京には増えてきています。しかし、それらの学校に入るには、試験を受けなければなりませんし、そのための対策を立てていかなければなりません。
    どのような目的によってそれらの学校を目指すのでしょうか。そして、どのような対策を立てて臨まなければならないのでしょうか。

    どんなところが人気の秘密なのでしょうか

    東京の幼稚園受験で人気が高いのは、大学の付属のところです。中でも特に国公立大学の付属は、学費が私立に比べて安いため、人気です。国立大学の付属校であれば、先進教育を受けられるというメリットもあります。
    生徒のしつけに厳しいキリスト教系のところも人気があります。将来に向けての人間形成に魅力を感じる親御さんが多いと言えるでしょう。
    それだけではなく、近所の公立学校に学級崩壊や先生の対応に疑問があるような荒れた要素がある場合も、そこに子供を行かせたくないと考え、私立や国立の学校を目指す場合があります。同級生になる子供の中に、一緒に通わせるのが不安になるような子がいる場合も、それを回避するために公立の学校に行くことをやめて私立か国立にしようと考える親御さんもいます。

    東京の幼稚園の受験対策はどうすれば良いのか

    小学校と違って、いわゆる学習についての対策というよりは、家庭でのしつけの対策を行う必要があります。幼児教室に通う子供も多く、中には1歳前から通えるようなところもありますが、大体は試験の1年前くらいから通うのが一般的です。
    まずは、入園したい園ではどんな試験が行われるのかをよく調べましょう。園の教育方針や特色を知ることが大切です。そうすることにより、どんな対策を行わなければならないのかが見えてきます。
    親子での面接が行われて、実際に遊ぶ様子などを見たり、ペーパーテストが行われるというパターンがよくあります。他のお子さんとの関わり合いや園の雰囲気にうまく溶け込めるかどうかなどを見られていることが多いです。
    教育方針や経済的な面も含めて、お子さんにも家庭の考え方にも合う園を探すことが大切です。