• 東京の幼稚園受験で気を付けるべきこと

    人生においてはどこかのタイミングで受験を行わなければなりません。それは、小学校より中学校、高校、大学と大きくなればなるほど対策も大変になります。同じ苦労をさせるなら小さいうちの方がまだ楽という考え方や一貫教育のメリットから、幼稚園入園の試験を考える親御さんが増えてきています。
    園によって行われる試験の内容は異なり、面接や筆記試験、身体テストなど、さまざまですので、受けようと思う園の試験の内容などの情報を早めに入手して対策を立てていくことが大切です。中でも面接は親子で行われるところが多く、親のふるまいや考え方などを問われるため、普段からの子供への接し方等を考えていかなければなりません。合格するためには、子供をしっかりサポートして対策を立てていく必要があります。

    東京の幼稚園受験のために行っておいた方が良いこと

    園の試験の際に見られるポイントとは、子供が年齢相応の発達をしているか、基本的な生活態度が身に付いているか、好奇心が旺盛か、など性格的なものがほとんどです。これらのことは、一朝一夕で身に付くものではないため、普段からの親の心がけも大切です。
    例えば、きちんと挨拶をすることを教えたり、家の手伝いをさせることで自主性を養うことができます。色々な場所に出かけてさまざまな人と触れ合うことで、社会性を身に付けたり社会の中で生きていく基本的なマナーを身に付けましょう。
    芸術や音楽に触れて心を豊かにすることも大切です。好きな絵を描かせたり、音楽を習わせたり、ダンスを習わせたりすることで、想像力を養ったり、集団の中での立ち居振る舞いなどを学ぶことができるようになります。

    東京の幼稚園受験で親がしておくべきこと

    子供だけが頑張ったところで、合格することはできないです。親のあり方や子供への接し方なども見られています。また、親自身が一般常識がある人物かどうかも見られています。
    家庭内で母親だけ、あるいは父親だけが試験を受けさせることに熱心ではいけません。両親揃って同じ気持ちで子育てをしていることが大切です。また、親子の間でコミュニケーションが取れていることも必要なので、些細なことでも会話をして、互いの理解を深める努力も必要です。
    家族で一緒に旅行に出かけたり、スポーツやボランティア活動などを行うことも、家族の連帯感を強くします。園によっては時事問題や一般常識について尋ねる場合もありますので、新聞やニュースなどをよく見ておき、親自身も知識を深めていくことが大切です。