• 幼稚園を受験を東京でするための心構え

    東京では有名私立などの幼稚園に受験したいと考える親御さんが増えています。一般の園に入園する場合でも、面接や入園するためのテストが行われますが、有名私立の場合はどう違うのでしょうか。
    まず、有名私立などに小さいうちから入れることのメリットとして、大学までエスカレーター式で上がれるため、将来的に楽ができるという点があります。また、一貫教育が受けられることで、より高度な内容を学ぶことができるというメリットもあります。
    それらの有名な園に入園を希望するのであれば、どんな試験が行われるのかを把握しておく必要があります。また、それに向けての対策も必要です。面接は親子で行われることが多いため、子供が年齢なりに成長していることはもちろん、親自身も良識や常識を持ち合わせていることが望まれます。

    試験ではどんなことを見られるのか

    東京の幼稚園の受験では、子供自身の性格的なものや成長度合いを見られることが多いです。例えば、集団で遊ばせた時に、物を貸し借りすることができたり、周りのお友達の中で仲良く遊ぶことができるか、乱暴なことをしたり意地悪をしたりしないかどうか、などが見られます。
    基本的なマナーなどが身に付いているかどうかも見られます。マナーなどは普段の家庭生活によって形成されていくものです。そのため、家庭内では、小さいからと言って子供を甘やかすのではなく、きちんと挨拶ができるようにしたり、基本的な生活態度を身に付けられるようにしつけをしていくことが大切です。
    子供自身のことも見られていますが、半分以上は家庭の中で子供がどのように生活しているのか、を見られていると言っても過言ではありません。

    ベストな選択ができるようにしましょう

    東京の幼稚園受験で合格してしまえば、その後の高校や大学の進学は公立の学校に進んだのと比べて随分楽になります。また、小さいうちから系統立ててきちんと教育が受けられるのも大きな魅力です。
    しかし、合格するためには、家庭生活のあり方やしつけの仕方もそうですし、親子でさまざまな体験をして子供の可能性を広げていくこともしなくてはなりません。それらのことが苦にならないようであれば、それほど辛くはないでしょう。
    合格してからは、授業料や寄付金、進学にかかるお金などが公立の学校に比べてとても多くかかります。経済的に問題が無いのであれば大丈夫ですが、経済的に苦しい状況で入ってしまうと、入ってから周りの家庭に対して引け目を感じてしまったりすることがありますので、よく検討することがおすすめです。